適合している内容なのに落とされるのは何故か

審査の条件には当てはまり、簡易審査を利用した時に利用出来ると書かれているにも関わらず、審査に落とされることがあります。これは審査を受けるための申込み以外の部分で、問題があると判断された可能性が高いです。特に信用情報に悪いことが書かれている人は、審査を通過できない可能性が高くなります。

本来は申込みの内容だけを見て判断することも多いのですが、申込みをしている内容以外でも、信用情報の内容を見て判断することもあります。この情報に1回でも変なことが書かれていると、その時点で審査落ちになります。信用情報には金融事故やトラブル等が事細かに記載されており、何時返済を遅延したとか、審査に何回落とされたことが記載されています。この情報でおかしな点があると判断されれば、貸すわけにはいかないと判断されてしまうのです。

信用情報には債務整理などの情報も記載され、借りられない方を簡単に落とすことができます。そのため自分が知らない所で情報が作られて、申込みをした時に何故か落とされてしまうことがあるのです。信用情報に書かれていることは絶対であり、これを覆すには多くの時間がかかります。落とされてしまったら、何か悪いことをしなかったか1度考えてください。

関連記事

    専業主婦でもできるキャッシングとは

    専業主婦であるために金融機関からお金を借りることができるかどうかわからないという人がいます。主婦であってもアルバイトやパートによって定期収入がある人は審査に申し込むことが可能です。しかしまったく仕事をしていない専業主婦は総量規制の適用される消費者金融からは基本的にお金を借りることができません。... 記事を読む

    総量規制対象者は銀行系カードローンレイクはどうですか。

    年収の1/3までしか借入できないことを定めた総量規制は、消費者金融やクレジットカードのショッピング枠に適用されています。結果的に専業主婦は借入できなくなりましたし、総量規制対象者も新たに借入できなくなりました。 しかし、どうしても緊急にお金が必要になることはあるはずです。そんなときにオス... 記事を読む

このページの先頭へ